めなり 視力回復 効き目 成分 白内障

スマホ疲れに…アイケアサプリ【めなり】

[めなり 視力回復]効果ベスト3

[めなり 口コミ]公式サイトへ

[めなり 視力回復]効果ベスト3

「めなり」を飲むようになってから色んな効果を実感している方が多いのですが、ここではその中でも特徴的な効果を3つをご紹介します。

ひとつめは「視界がクリアになる」、ふたつめは「紫外線・ブルーライトから目を守ってくれる」、みっつめは「目の乾きを防いでくれる」です。

「めなり」を飲んでみようかと思ったキッカケを見ていると、「長時間のパソコン作業がつらい」「近くがぼける」「目が乾く感じがする」「夜の車の運転が不安」のような声が多いことから見ても納得しますよね。

多くの人達が「めなり」に期待するもの。それは視力回復してクリアな視界を取り戻したいということです。視界がぼけていたら不便で不安で、何にもできませんよね。快適な毎日を過ごすための基本だと思うのです。

めなりの効果1:視界がクリアになる

[めなり 視力回復]視界がクリアになる

「めなり」を飲み始めて視界がクリアになったという喜びの声がたくさん寄せられています。「めなり」を飲むと視界がクリアになるのは、3つの厳選成分と各種サポート成分の働きによるもの。

厳選成分のひとつめは、光ダメージから防ぐ青い色素のアントシアニンをたくさん含んでいる特許取得ビルベリー。普通のブルーベリーに比べてアントシアニンが6倍のスグレモノ。

厳選成分のふたつめは、緑黄色野菜に多く含まれている太陽のめぐみのルテインとゼアキサンチン。厳選成分のみっつめは、クリアな視界を引き出すフレッシュ成分のアスタキサンチン。

これらの厳選成分に加えて、補酵素・ビタミン・ミネラルなどのサポート成分を9種類も配合。夜間の視力の維持を助けます。

めなりの効果2:紫外線・ブルーライトから目を守る

[めなり 視力回復]が紫外線とブルーライトから目を守ります

「めなり」は紫外線やブルーライトから目を守る働きがあります。紫外線に長時間さらされると皮膚や目に疾患を引き起こすおそれがあります。

特に強い紫外線(UVB)は雪目や紫外眼炎や白内障などの原因になることがあります。また、ブルーライトは可視光の中でも強いエネルギーを持っていて、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達して目に悪い影響があります。

「めなり」の厳選成分のルテインとゼアキサンチンは、天然のサングラスとも言われていて、紫外線やブルーライトからのダメージから目を守ります。

ブルーライトは、パソコンだけではなく、近年特に使用者が多くなっているスマホからも出ています。仕事がら、あるいは趣味などでパソコンやスマホを長時間使用している人にとって、ルテインとゼアキサンチンを含む「めなり」は強い味方です。

めなりの効果3:目の乾きを防ぐ

[めなり 視力回復]目の乾きを防いでクリアな視界を取り戻します

目が乾く感じがするから「めなり」を飲み始めたという人も多いようです。ドライアイになると目がゴロゴロする、目が痛む、視界がかすむ、視力が低下するなどの症状が現れます。

ドライアイはただ涙の量が減るだけではなくて、何らかの疾患の場合もあるので注意が必要です。「めなり」を飲んだり、長時間のパソコン作業を避けたり、加湿器を使用したり、コンタクトレンズの使用時間を短くしたり、意識してまばたきなどをすることで目の乾きが改善することもあります。

これらの対策や予防策をすることで目の乾きが改善することも多いので、暫く様子を見てみてもよいかもしれません。それでも状況が改善しない時は眼科医の診察を受けるのがよいですね。

「めなり」の公式サイトはこちら

[めなり 視力回復]症状 目の異常

「めなり」は視力回復で人気のアイケアサプリ。様々な症状や目の異常で悩む人達の目の健康を守ります。

目の病気による目の異常の場合は眼科医の診察を受けなければなりません。しかし、目の病気ではない目の症状なら「めなり」を飲むことで目の症状が改善するかもしれません。

医者でもない一般の人達はなかなか判断に迷うところだと思いますが、病院に行くほどでもない軽い目の異常としては次のようなことがあげられます。

長時間のパソコン作業がつらい、近くがぼやけて見える、夜の車の運転が不安、目が乾く感じがする、目の奥の方がズンと重たい感じがするなどです。

このような目の症状に気がついたら、まずは「めなり」を飲んでみませんか。案外あっさりと改善するかもしれませんよ。

めなり 症状 乾燥 ドライアイ

「めなり」を飲み始めるキッカケとしては、目の乾燥やドライアイの悩みが多いようです。特に、長時間のパソコン作業やスマホでの作業の結果、目が乾きがちになるようです。

ドライアイの症状としては、目が痛い、目がゴロゴロする、視界がかすむ、視力の低下、涙の量が減るなどが上げられます。

テレビやパソコンやスマホなどによる目の酷使が原因でドライアイになったような場合は、「めなり」を飲みつつ、毎日の過ごし方を見直せばドライアイが改善します。

しかし、薬や病気が原因でドライアイになったような場合は、眼科医の診察を受ける必要があります。

「めなり」は医薬品ではなくてサプリメントなので過信は禁物です。しかし、「めなり」の特性を活かして上手に使えば、かなりの部分で目の悩みを解消する手助けができると思います。

めなり 症状 視界がぼやける かすみ目

「めなり」を飲み始めたキッカケの症状として、視界がぼやける、かすみ目というのも多いですね。そうれはそうですよね。目が疲れると今までハッキリと見えていたものが視界がぼやけてピンぼけ写真のような視界になったら何とかしなければと思うのが普通です。

目のかすみ、かすみ目、視界のぼやけ、視野が欠ける、目がチカチカする、視界が歪む、目のぼやけなどなど、様々な目の症状があります。また、夜間の視力が不安という悩みもあります。

目の病気による症状の場合は、できるだけ早めに眼科医の診察を受けなければなりません。しかし、パソコンやスマホなどで目を酷使したような場合は、適切なアイケアをすれば改善することも少なくはありません。

目もカラダ全体と同じで、酷使してしまった時はしっかりと休ませなければなりません。また、睡眠不足になると目にクマができるだけではなくて、目の奥がどんよりと重たい感じになるので、睡眠不足は目のためにも良くありません。

「めなり」の公式サイトはこちら

[めなり 視力回復]病気 目の症状

「めなり」は視力回復に効果が感じられる人気のアイケアサプリ。しかし「めなり」は医薬品ではないので、本当に目の病気で目の症状が出ているのなら、できるだけ早めに眼科医の診察を受けた方がよいと思います。

しかし、「めなり」を飲むことで、白内障や加齢黄斑変性などの病気予防が期待できることもあります。

「めなり」には、アントシアニンが豊富に含まれる特許取得ビルベリー、ルテイン、ゼアキサンチンの厳選成分に加えて、アスタキサンチン、クロセチン、βカロテン、ビタミン、ミネラルなどのサポート成分が贅沢に配合されています。

白内障はタンパク質など栄養不足で発症することもあります。このように栄養不足で起こる目の病気もありますが、「めなり」に豊富に含まれる栄養素の働きで目の症状が改善されることも期待できる訳です。

めなり 飛蚊症 目の病気

「めなり」を飲んでいる人たちは何らかの目の悩みをかかえている人が多いと思いますが、そのような人たちの間では飛蚊症もよく知られた目の病気です。

飛蚊症とは、眼球内の何らかの原因により、視界の中に糸くずや虫が這った後の影のようなものが現れる症状のことです。網膜の特定の位置に影があっても眼球が動くことによって影が動き回っているように感じます。

生理的な原因で起きる飛蚊症もありますが、網膜剥離や硝子体の異常で飛蚊症になることもあるので、飛蚊症が疑われる時は眼科医の診察を受けた方がいいでしょう。飛蚊症の治療としてはレーザー治療を行うことが多いようです。「めなり」を飲んだだけで飛蚊症が改善することは考えにくいです。

めなり 白内障 目の病気

「めなり」の主要な厳選成分のルテインには白内障のリスク低減の働きがあると言われています。このため、「めなり」を飲み続けることで白内障を予防できる効果が期待できます。

白内障は中高年の人に多く見られ、年齢を重ねるにつれて白内障を患う人の割合が多くなります。また、加齢以外の白内障の原因としては、紫外線やブルーライトによるもの、目に強い衝撃を受けた場合のほか、タンパク質などの栄養不足で起きることもあります。

これらのことから考えると、「めなり」を飲み続けることで必要な栄養素を補給することで白内障予防の効果が期待できるかもしれません。

もちろん、最終的な判断は眼科医の診察を受けなければなりませんが、「めなり」を飲むことで目のアンチエイジングに留意することも大切なことです。

また、よく知られた目の病気としては、緑内障や黒内障、加齢黄斑変性があります。緑内障で欠けた視野は回復することがなく失明の原因にもなる大変な病気です。また黒内障は急に目が見えなくなることもある目の病気です。黒内障は回復することもあるようですが、いずれにしても目の病気が疑われる時はできるだけ早めに眼科医の診察を受けてください。

加齢黄斑変性も失明になることもある目の病気なので、少しでも何か異常を感じたら眼科の病院で診察を受けましょう。

「めなり」の公式サイトはこちら

[めなり 視力回復]成分 目をサポート

「めなり」の視力回復効果は、特許取得ビルベリーによるアントシアニン、ルテインとゼアキサンチン、アスタキサンチンの3つの厳選成分、補酵素・ビタミン・ミネラルなどのサポート成分の働きによります。これらの目をサポートする成分が「めなり」の実感の秘密です。

「めなり」の公式サイトによると、「めなり」2粒あたりの栄養成分は次のようになっています。

ビルベリーエキス 170mg、ルテイン 12mg、ゼアキサンチン 2.4mg、アスタキサンチン 1mg(フリー体として)、クロセチン 0.68mg、ビタミンB1 1.4mg,ビタミンB2 1.6mg、ビタミンB6 1.4mg、ビタミンB12 0.0024mg ビタミンC 2mg

「めなり」公式サイト

※フリー体とは、人体にある状態のアスタキサンチンのこと。フリー体のアスタキサンチンを摂取するとそのまま体内に吸収されます。

めなり 成分 ビルベリー 目をサポート

「めなり」の成分の中でも特に注目されているのが米国特許取得ビルベリーによるアントシアニンでしょう。この米国特許取得ビルベリーが強力に目をサポートします。

「めなり」で使用されている米国特許取得ビルベリーの特徴は、普通のブルーベリーと比較して約6倍のアントシアニンが含まれていること。そして、持続力が約2倍であることです。時間がたってもアントシアニン濃度が長く維持されるので、その効果を長く実感することができます。

「めなり」はアントシアニンの濃度が6倍!

「めなり」のアントシアニンは持続力が2倍!

しかも、「めなり」のビルベリーエキス配合量は、1日分2粒あたり170mgの高配合。他社製アイケアサプリでは、100mg前後の配合量が多い中、「めなり」の170mgの配合量は驚異的。さらに、特許取得ビルベリーとルテインを一緒に摂るとルテインの吸収率が高くなります。高い実感力と驚異的な購入者リピート率93.9%の秘密がここにあります。

「めなり」の公式サイトはこちら

めなり 成分 ルテイン ゼアキサンチン 目をサポート

「めなり」の主要成分のひとつであるルテインとゼアキサンチンは目をサポートする厳選成分。ルテインはカルテノイドの一種。人体内では酸化防止剤として作用し、青色光(ブルーライト)から網膜を守る働きがあると言われています。

また、ゼアキサンチンもカルテノイドの一種。ゼアキサンチンもルテインと同様に青色光(ブルーライト)から目を守る働きがあり、さらに視界のコントラスト感度を高める働きもあると言われています。

ルテインは、体内ではゼアキサンチンとともに目の網膜中央に位置する黄斑部に存在していて、パソコンやスマホから出ている青色光(ブルーライト)から網膜を保護する働きをします。このために、ルテインとゼアキサンチンは天然のサングラスとも言われていて、紫外線のダメージからも守ってくれるこだわりの成分です。

めなり 成分 アスタキサンチン 目の健康法

「めなり」に含まれているアスタキサンチンは、βカロテンなどと同様カルテノイドの一種。クリアな視界を引き出すフレッシュ成分として知られ、その抗酸化力はビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍にも達するとされています。アスタキサンチンは美容液に使われるほどのフレッシュさを持っていて、目の健康法にも欠かせない抗酸化成分です。

また、アスタキサンチンはその強力な抗酸化力から、紫外線や青色光(ブルーライト)などの光の害から目を守る働きがあると言われ、多くのアイケアサプリに配合されています。

「めなり」にはアスタキサンチンが1日分2粒中に1mgが配合されていて、目の健康をしっかりと守り、クリアな視界を取り戻します。

めなり 成分 クロセチン こだわりの成分

クロセチンはクチナシの花にわずかに含まれているカルテノイドの一種で、目をサポートする健康成分、こだわりの成分です。クロセチンは分子が小さくて吸収が速く、ルテインの効果を高める働きがあり、目の疲れに効果的に働きかけます。

また、クロセチンには健康な人の肉体的疲労を軽減させる働きがあるとも言われていて、「めなり」を飲み続けることで体全体の健康状態が良くなる効果も期待できます。

そんな健康成分のクロセチンは、クチナシの実1kgからわずか1.3gしかとれない大変貴重な成分。

目をサポートするために「めなり」を飲むのはもちろんですが、目だけ良くなってもどうしようもありません。目の健康状態を良くすると同時に体全体の健康状態を良くするためにも「めなり」が役立ちます。

めなり 成分 亜鉛酵母 目をサポート

亜鉛酵母とは、酵母培養で作られた有機亜鉛で、亜鉛含有量の高い天然型ミネラル食品です。亜鉛は、体内に300種類以上もある酵素の働きに関与していて、大切な役割を果たしています。欠乏すると、成長障害、食欲不振、味覚障害を引き起こす、体内のバランス形成に大きな関わりを持つ必須ミネラルです。

亜鉛酵母 コサナオンラインショップ

亜鉛は多くの酵素に含まれていて体内の様々な反応に関係しています。このために新陳代謝が活発な箇所で多くの亜鉛が必要とされています。

紫外線や青色光(ブルーライト)からのダメージを常に受け続ける網膜を素早くリフレッシュして目の健康を維持するためにも亜鉛酵母は無くてはならないこだわりの成分なのです。

めなり 成分 銅酵母 目をサポート

「めなり」の成分のひとつ、銅酵母は銅含有量の多い天然型ミネラル食品です。通常の無機ミネラルに比べて銅酵母はミネラル成分がゆっくりと体内に吸収されるので体に優しいミネラル食品です。

ミネラルとしての銅の働きは、タンパク質と結合することで体内の広い範囲で触媒作用の役割を担っているほか、鉄とともに造血作用にも関わったり、活性酸素の除去、神経伝達物質の代謝にも重要な働きをしています。

「めなり」が目指しているクリアな視界に関して、網膜の周りにある光や色を感じる神経細胞(視細胞)とそれにつながる神経線維の働きをサポートすることはとっても大切なこと。神経伝達物質の代謝に重要な働きをする銅は、目の健康に関して無くてはならないものなのです。

めなり 成分 ビタミンB2 目をサポート

「めなり」のサポート成分のひとつであるビタミンB2はリボフラビンともいわれ、白内障をはじめとした多くの目の疾患の予防や治療に役立つ働きがあります。また、眼精疲労や眼の充血や眼の乾燥の症状を改善する働きもあります。

ビタミンB2の所要量は、成人男子で1.2mg、成人女性で1.0mgです。「めなり」の1日分2粒あたり1.6mgのビタミンB2が含まれているので、「めなり」を飲んでいればビタミンB2が不足することは通常ありえません。

ビタミンB2が不足すると眼の充血や何らかの眼の障害の原因になることもありますが、「めなり」を飲んでいればその心配も無い訳です。

反対にビタミンB2を摂りすぎた場合は、過剰分は尿中に排泄されるので過剰摂取による障害は起きません。

めなり 成分 ビタミンB12 目をサポート

「めなり」のサポート成分のひとつであるビタミンB12はシアノコバラミンともいわれ、眼精疲労の治療薬として使用される点眼薬などに配合されている目をサポートする成分です。

ビタミンB12の所要量は、成人男子と成人女性ともに0.0024mg(2.4μg)というように非常に微量です。「めなり」1日分2粒あたり0.0024mg(2.4μg)のビタミンB12が含まれているので、「めなり」を飲んでいれば通常ビタミンB12が不足することは考えにくいです。

所要量は微量でもビタミンB12には、悪性貧血を防ぐ働き、葉酸と強力して赤血球を作る働き、神経を維持する働きがあると言われ、ビタミンB12は体全体の機能を維持する働きがあるとても大切なビタミンです。

めなり 成分 βカロテン 健康成分

「めなり」のサポート成分のひとつ、βカロテンは主に植物に多く存在する赤橙色の色素のひとつで、夜間の視力の維持を助ける健康成分です。

βカロテンはニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれており、強い抗酸化作用を持っています。また、βカロテンは体内では必要な量がビタミンAに変換されます。その際、夜間の視力の維持、皮膚や粘膜の健康維持などの働きをします。

また、βカロテンは光刺激反応についても重要な働きをします。眼に関する健康成分としての他にも、紫外線からお肌を守る大切な働きもします。

夜間の視力維持のために「めなり」にもβカロテンが配合されていますが、日頃から緑黄色野菜を食べていれば充分な量のβカロテンを摂ることができます。

めなり 成分 ビタミンB1 目をサポート

「めなり」のサポート成分のひとつ、ビタミンB1はチアミンとも呼ばれる水溶性ビタミンです。ビタミンB1は、糖質の分解を助けたり、中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあると言われています。

ビタミンB1の摂取基準は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mg。「めなり」の1日分2粒あたり1.4mgが含まれているので、「めなり」だけで摂取基準を満たします。

ビタミンB1を多く含む食品としては、豚肉・胚芽・蕎麦・豆類・緑黄色野菜・鰻・牡蠣・牛乳などがあげられます。

ビタミンB1が不足すると脚気になるというのはよく知られていると思います。反対に過剰摂取の場合は、速やかに尿中に排泄されるので過剰摂取による障害は知られていません。

めなり 成分 ビタミンB6 栄養成分

「めなり」のサポート成分のビタミンB6は、ピリドキシンともいわれる水溶性ビタミンで栄養成分です。生体内ではアミノ酸の代謝に関与したり神経伝達に関する働きをします。

ビタミンB6が不足すると皮膚炎・湿疹・痙攣・てんかん発作・貧血・免疫力低下などが起きることが知られています。

ビタミンB6の摂取基準は、成人男性が1.4mg、成人女性が1.2mg。「めなり」1日分2粒あたり1.4mgのビタミンB6を含むので、「めなり」だけでビタミンB6の摂取基準を満たします。

「めなり」を飲みながら普通の食事をしているだけでは過剰症は起きません。しかし、基準値をはるかに超える大量のビタミンB6を摂り続けると末梢神経障害などの過剰症が起きることがあります。

めなり 成分 ビタミンC 目の健康をサポート

「めなり」のサポート成分のビタミンCはL-アスコルビン酸ともいわれ、コラーゲンの合成を促進したり、毛細血管の維持や抗酸化作用のある水溶性ビタミンです。

人の体内ではビタミンCを合成することができないので、果物や野菜などの食べ物からビタミンCを摂取しなければなりません。

「めなり」1日分2粒あたり2mgのビタミンCが含まれています。ビタミンCの所要量は成人男女ともに100mg程度なので「めなり」だけではビタミンCの所要量を満たせません。食品からのビタミンCの摂取が必要です。

ビタミンCが不足すると体内のコラーゲンの構造が弱くなるので毛細血管から出血することがあります。また、歯肉炎や貧血、食欲不振、全身の倦怠感などの症状が出ることもあります。

ビタミンCを過剰に摂取すると下痢になりやすくなることが広く知られています。

めなり 成分 ビタミンE 目の健康をサポート

「めなり」の成分のひとつビタミンE(トコフェロール)は、抗酸化作用のある脂溶性ビタミンです。

ビタミンEは脂質の酸化を抑制する働きがあることから、細胞膜やタンパク質の損傷を防ぐ働きがあります。また、活性酸素の除去、老化防止の働きもあると言われています。

ビタミンEの摂取目安量は、成人男子が7mg、成人女子が6.5mg。ビタミンEは脂溶性のために、過剰摂取した場合は体内に蓄積しやすいので、ビタミンEの摂り過ぎは避けた方がよいとされています。

ビタミンEが不足すると神経や筋肉に障害が見られることがあります。しかし、ビタミンEは豊富に含まれているので、ビタミンEの欠乏症になることは非常にまれです。

[めなり 口コミ]公式サイトへ

 

タイトルとURLをコピーしました